メイクをしっかり落としたいし
毛穴ケアもしたいけど、敏感肌で
どんなクレンジング選べばいいか
いまいちわからない、

そんな人におすすめなのが
クレンジングクリーム!

 

その名のとおりクリーム状の
クレンジング剤で、コールド
クリームとも呼ばれています。

 

やわらかくのびのよいテクスチャーで、
メイクや毛穴の汚れを浮かせて
しっかり落としてくれるのに、まるで
スキンケアのあとのようなしっとりした
洗い上がりが魅力なんですよね。

 

というわけで今回は、
クレンジングクリームの
♦選び方と使い方ポイント
♦おすすめランキング10
をご紹介していきます。

 

毎日使いやすいプチプラから
こだわりの保湿成分が配合
されたデパコスや通販コスメまで
しっかりおすすめしていきますね。

クレンジングクリームの選び方のコツ

まずは、クレンジングクリームの
選び方のコツをご紹介します。

~クレンジングクリームの選び方のコツ~

①保湿成分で選ぶ

②テクスチャーで選ぶ

③W洗顔が必要かどうかで選ぶ

④コスパで選ぶ

 

クレンジングクリームを
選ぶポイントは大きく
分けてこの4つです。

 

それでは少し細かく
見ていきましょう。

<①保湿成分で選ぶ>
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・セラミド
・コメヌカエキス
・ホホバオイル
など

 

クレンジングクリームには、
クレンジング成分として脱脂力の高い
ミネラルオイル(鉱物油)やエステル油が
配合されていることが多くあります。

 

お肌に必要なうるおいまで落として
しまわないように、保湿成分が
しっかりと配合されているものを
選ぶのがおすすめです。

 

<②テクスチャーで選ぶ>
お肌への摩擦による負担を軽減
するためにも、やわらかくてのび
やすい、よくなじむものを選びましょう。

 

また、そのままクリーム状で洗える
ものや体温でオイル状に変化する
ものもあるので、お好みに合わせて
選ぶのがおすすめですよ。

 

<③W洗顔が必要かどうかで選ぶ>
時短がしたい!
洗顔による肌負担を減らしたい!
そんな方にはW洗顔不要の
ものがおすすめです。

 

<④コスパで選ぶ>
クレンジングクリームは毎日
使うものなので、コスパも
とっても重要ですよね。

 

高価なクレンジングクリームは
保湿成分やクレンジング成分と
して希少な成分が配合されている
ことが多い傾向にあります。

 

使い心地やご自身の肌に合う
成分と相談して、どの価格帯の
ものを購入するか決めるのが
良いですね。

クレンジングクリームの使い方ポイント

続いては、クレンジングクリームの
使い方を2種類ご紹介していきます。

 

~クレンジングクリームの使い方ポイント~

<洗い流す場合の使い方>
①濃いアイメイク、リップメイクは
 ポイントメイクリムーバーなどで
 あらかじめオフしておく

②手・顔が乾いた状態で使用する

③Tゾーン→Uゾーン→
 目元・口元の順でなじませる
(皮脂の分泌量が多い順)

④ぬるま湯をよく
 なじませて乳化させる

⑤ぬるま湯で洗い流す

 

<ふきとる場合の使い方>
①濃いアイメイク、リップメイクは
 ポイントメイクリムーバーなどで
 あらかじめオフしておく

②手・顔が乾いた状態で使用する

③Tゾーン→Uゾーン→
 目元・口元の順でなじませる
(皮脂の分泌量が多い順)

④蒸しタオルもしくはふきとり
 化粧水を含ませたコットンで
 クレンジングクリームをふきとる

 

クレンジングを洗い流す場合は、
クリームが冷えて固まってしまわない
ようにぬるま湯で洗い流すことと、
しっかりと乳化させてから洗い流す
ことがベタつかずに洗い上げるコツです。

 

クレンジングをふきとる場合は、
洗い流す場合にくらべて摩擦が生じて
しまうので、蒸しタオルやたっぷりと
化粧水を含ませたコットンでふきとる
ことで摩擦を軽減してあげましょう。

 

クレンジングクリームは保湿成分が
たっぷり含まれていることが多いですが
洗浄力も高いので、どちらの場合も
クリームが残らないように注意してください。

クレンジングクリームおすすめランキング10

それでは、ここからはおすすめの
クレンジングクリームをランキングで
10こ紹介していきますね。

~クレンジングクリームランキングTOP10~

【①サナ:give&take
クレンジングオイルクリーム】(1,080円)

クリームがとろけてオイル状に変化し、
お肌に負担をかけずに汚れを溶かし
出す、クリームとオイルのいいとこ
どりのクレンジング剤です。

手のひらで包みこむように
なじませるだけでメイクや汚れが
落ちるので、摩擦を最小限に軽減
することができる優れもの。

お肌にハリを与えるエンリッチ、
うるおいを与えるモイスチャー、
透明感のあるお肌に導くクリアの
3タイプがあるので、お肌に
あわせて選んでくださいね。

 

【②第一三共 :ミノン アミノモイスト
モイストミルキィクレンジング】
(1,428円)

肌あたりがやさしいのに
メイクや汚れはしっかり
落としてくれるクリーム。

メイクと肌の間にアミノ酸系の
クレンジング成分がすべりこんで
汚れを浮かせて落とします。

手や顔がかわいた状態で
使うのが汚れをしっかり
落とすポイントです。

 

【③アルビオン:エクサ―ジュ
ソフニングクレンジングクリーム】
(3,000円)

やわらかなクリームがとろけて
よくのび、乾燥しがちなお肌に
リッチなうるおいを与えながら
メイクや汚れをしっかり落とします。

お肌がしっとりと
やわらかに整います。

 

【④資生堂:エリクシール シュペリエル
メーククレンジングクリームN】
(2,916円)

こっくりとしたテクスチャーのクリームが
お肌に密着したメイクや汚れを包み
こんでしっかりと落としてくれます。

ごわついた角質をやわらかく
なめらかにして、汚れは残さず
うるおいを守ってくれるのが魅力。

お肌にハリを与えてくれるので
エイジングケアにもぴったりです。

 

【⑤コーセー:
雪肌精 クレンジングクリーム】
(3,240円)

保湿効果やエモリエント効果のある
7種類の和漢植物エキスを配合した
お肌の透明感を取り戻す、やさしい
使い心地のクレンジングクリーム。

さっぱりとした仕上がりが好みの
方は洗い流して、よりしっとりとした
仕上がりが好みの方はコットンなどで
ふき取って使うことをおすすめします。

 

【⑥ハウスオブローゼ:ミルキュア
ピュア クレンジングクリーム】
(2,700円)

お肌によくなじみ、メイクや皮脂などの
汚れをしっかり落としてくれます。

メーカー提携牧場のミルク成分が
保湿成分として配合されていて、
お肌をしっとりと仕上げます。

 

【⑦イグニス:
ブラン クレンジングクリーム】
(3,780円)

こだわりの、白神産あきたこまちの
コメヌカエキスを保湿成分として
配合したクレンジングクリーム。

とろけるようなクリームがメイクや
汚れをすっきりとオフして、磨かれた
ようななめらかな肌に仕上げます。

 

【⑧ウテナモイスチャー:
コールドクリーム】(840円)

保湿成分としてアロエエキス、
ホホバオイル、オリーブオイルを
配合したクレンジングクリーム。

とろりとした油性のクリームがお肌の
キメや毛穴に入りこんだ汚れをしっかり
浮かせて落としてくれます。

 

【⑨コーセー:
米肌 クレンジングクリーム】(1,944円)

米ぬか由来の保湿成分を中心に、
うるおい成分を65%配合しているので
お肌にうるおいのベールを形成して
なめらかなお肌に仕上げてくれます。

クッション性の高いなめらかな
クリームがお肌に負担をかけずに
よくなじみ、洗い上がりもベタつきません。

 

【⑩ちふれ:ウォッシャブルコールドクリーム】
(702円、604円/詰替)

メイクに非常によくなじみ、しっかり
メイクもするっと落としてくれます。

指のすべりが良いので、
マッサージクリームとしても
使えるのが魅力的です。

クレンジングクリームは洗浄力が
やや高いので、どのメーカーも
保湿成分にこだわっているんですね。

まとめ

まるでスキンケア後のように
しっとりした仕上がりが魅力の
クレンジングクリーム。

 

乾燥しがちな季節や、
摩擦の刺激はさけたい
敏感肌さんにとっても
おすすめのアイテムです。

 

メイクや毛穴汚れはしっかり
落としたいけど、うるおいも
逃がしたくない方、ぜひ
使ってみてくださいね。

この記事を監修した美容の専門家

♦コスメコンシェルジュ
♦日本化粧品検定 1級


美容の専門家として正しい
美容知識をわかりやすく執筆。
自分に合うスキンケアやメイクなど
美容に関する情報も発信中。