年齢を重ねると気になってくるのが
日焼けによるくすみや、シミ・
そばかすといったお肌の悩み。

 

ファンデの厚塗りで隠すのも
いやだし、なんとかシミや
そばかすの気にならないお肌を
目指していきたいですよね。

 

そんな悩みにお困りの方に導入
してほしいのが、美白美容液。

 

やや高価なものが多いですが、
1回の使用量がごく少量なので
コストパフォーマンスは
決して悪くないんですよね。

 

ということで美白美容液の
◆選び方と使い方
◆おすすめランキングTOP10
について紹介します。

 

人気のデパコスから、買いやすい
プチプラまで、おすすめ商品を
集めましたよ!

シミ対策に!美白美容液の選び方

まずは、お肌を美白するための
ポイントを紹介します。

 

~お肌の美白のためのポイント~

①新しいシミができるのをふせぐ

②お肌のターンオーバーを利用して
 いまあるシミを薄くしていく

 

美白美容液とは、
「メラニンの生成をおさえて、
日焼けによるシミ・そばかすをふせぐ」
美容液のことで、もともとの肌の色以上に
白くするという効果は基本的にありません。

 

まずは、美白有効成分の配合された
美容液を取り入れて、新たにシミや
そばかすができないようにケアを
しっかりとしていきましょう。

 

また、お肌の保湿を徹底的にすることで
お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の
リズムを整えていくことが大切です。

 

お肌の正面が正常なサイクルで新しく
なっていくことで、すでにあるシミが
薄くなっていくのを期待できます。

 

それでは、美白ケアに大切な美白
有効成分を確認していきましょう。

 

~美白有効成分の種類の例~

美白有効成分の種類の例

成分名の例

ビタミンC誘導体

・リン酸アスコルビルマグネシウムなど

アルブチン
(ハイドロキノン誘導体)

・α-アルブチン

トラネキサム酸

・m-トラネキサム酸

4MSK

・4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

またこれらの美白有効成分と一緒に

・セラミド
・ヒアルロン酸
・リピジュア

といった保湿成分もしっかり
配合されているものを選ぶと
保湿ケアもできておすすめです。

効果を引き出す美白美容液の使い方ポイント

続いて、美白美容液の使い方の
ポイントを確認していきましょう。

 

~美白美容液の使い方~

①手のひらに適量をとる

②内側から外側へなじませる

③手でやさしくおさえる

 

適量を使用することで、美容液の
働きを最大限に発揮させましょう。

 

美容液を内から外に向かって
むらにならないようにしっかり
なじませ、とくに悩みが気に
なるところには重ねづけを
していくのがおすすめです。

 

最後にハンドプレスしてあげる
ことで、よりしっかりと美容液が
お肌の角質に浸透します。

 

続いて、美白美容液を使う
タイミングを見ていきましょう。

 

~美白美容液を使うタイミング~

<導入美容液を使うタイミング>
洗顔後すぐ、化粧水の前に使用する。

<通常の美容液を使うタイミング>
化粧水のあと、乳液やクリームの
前に使用する。

<夜専用用美容液を使うタイミング>
夜、就寝前のスキンケアのみで使用し、
日中の使用は避ける。

 

美白美容液を使用するうえで
とくに注意してほしいのは、
「夜専用美容液」です。

 

美白有効成分のなかには濃度が
高いハイドロキノンのように
日中に使用すると紫外線に
反応して炎症をおこし、
肌に色素を沈着させてシミを
つくってしまうものがあります。

 

そういった可能性があるものは
かならずパッケージなどに
「日中は使用しないこと」が
記載されているので、しっかり
注意書きを確認しましょう。

美白美容液のおすすめランキングトップ10

それではここからは、美白美容液の
おすすめ商品をプチプラから
デパコスまでランキング形式で
10こ紹介していきます。

 

~おすすめ美白美容液ランキングTOP10~

【①資生堂:HAKU メラノフォーカスV】
(20g/3,996円、45g/10,800円、
 リフィル45g/10,476円)

浸透性の非常に高い「4MSK」が
「m-トラネキサム酸」を巻き込んで
お肌の角質層の奥深くにじっくり
浸透していく、美白美容液。

 

またVカット複合体がお肌を整えて
保護してくれるほか、シミ・ソバカスの
原因となるメラニンの生成ルートを
狙い撃ちしてシミ・ソバカスをふせぎます。

資生堂の公式サイトからですと
20gサイズのお得なトライアル
あるので(次回使えるクーポン500円付)
こちらから試してみてもいいと思います。

→資生堂HAKU美容液20gトライアルサイズ

 

【②ポーラ ホワイトショットCXS】
(25mL/16,200円、リフィル25mL/15,120円、
 ラージリフィル50mL/27,000円)

女性向け雑誌『美的』の「美容賢者が選ぶ
2018年上半期ベストコスメ総合部門」で
第1位を獲得した、美容のプロに支持される
実力派の美白美容液です。

 

お肌の細胞と非常によく似た構造の
ナノカプセルがお肌の角質層を
美容液が浸透しやすい状態に整え、
ポーラオリジナルの複合成分を
お肌のすみずみまで届けてくれます。

 

【③無印良品:敏感肌用薬用美白美容液】
(50ml/1,400円、200mL/1,390円、
400mL/2,290円)

美白有効成分としてビタミンC誘導体を
配合して、日焼けによるシミ・ソバカスを
ふせいでくれる1本です。

 

天然うるおい成分としてアンズ果汁・
グレープフルーツエキスや、お肌を
保護してくれるスベリヒエエキスを
配合し、しっとりとしたお肌に
導いてくれる美白美容液。

 

【④クラランス:ホワイト
プラス インテンシヴブライト セラム】
(30ml 11,448円)

アセロラの恵みに着目し、メラニンの
生成メカニズムにアプローチして
くれる薬用美白美容液。

 

美白成分が高濃度で配合されて
いるとお肌に刺激を感じてしまう
敏感肌さんでも、心地よく使えたと
口コミでも評判です。

 

【⑤HABA:薬用ホワイトレディ】
(10mL/1,512円、30mL/3,888円、
 60mL/6,480円)

ビタミンCを6パーセントと高濃度に
配合した美白美容液で、洗顔後すぐに
使用することで、このあとのスキン
ケアの角質層への浸透も高めます。

 

100パーセント無添加抽出した
クマ笹水を配合することで
お肌をしっかり保湿してくれる
乾燥肌にぴったりの1本です。

 

【⑥ビーグレン:QuSome ホワイトエッセンス】
(15mL/5,842円)

浸透テクノロジー「QuSOme」と
ハイドロキノン誘導体(アルブチン)を
融合させることで、日中の紫外線から
お肌をまもり、日焼けによるシミ・
そばかすの生成をブロックして
明るいお肌をたもちます。

 

とろみのあるテクスチャーで
お肌にしっとりと吸いつき、
肌ストレスをためこまない
すこやかなお肌に導きます。

 

【⑦ワンバイコーセー:メラノショットホワイト】
(40ml 5,000円)

「シミのもとを無色化」をコンセプトに
美白有効成分コウジ酸が、メラニンの
かたまりの黒色化をふせいで
色ムラのないクリアな素肌に導きます。

 

お肌の角質層にすばやく浸透し、
日焼けや乾燥で硬くなったお肌も
やわらかくほぐして美容成分を
行き渡らせます。

 

女性向け雑誌『美的』の「美的読者が
選ぶ2018年ベストコスメスキンケア部門
美容液編」で第一位を獲得した人気商品。

 

【⑧アンプルール:ラグジュアリーホワイト
 コンセントレートHQ110】
(11mL/10,800円)

できてしまったシミに集中的に
アプローチする美白美容液。
化粧品に配合するのが困難だった
ハイドロキノンを改良した
「新安定型ハイドロキノン」を
高濃度に配合しています。

 

お肌への刺激が少ないのが特徴
ですが、夜用なので日中の使用は
避けてください。

 

【⑨第一三共ヘルスケア:トランシーノ
薬用ホワイトニングエッセンスEX】
(30g/4,800円、50g/6,804円)

美白有効成分「トラネキサム酸」や
クワエキスなどの透明感サポート成分が
お肌にうるおいを与え、透明感のある
お肌に導く美白美容液です。

 

のびがよくて白浮きもしないので
使い心地がよく、くすみを感じ
させないお肌を目指すことができます。

【⑩ちふれ:美白美容液W】
(30ml 1,088円、詰替用/1,080円)

美白成分アルブチンとビタミンC誘導体が
配合されたダブル処方の美白美容液。

 

なめらかにのびてぷるぷるとしたお肌に
整えながら、メラニンの生成をおさえて
シミやそばかすをふせぎます。

 

美白有効成分が高濃度で配合された
実力派の美容液から、お肌の刺激が
すくなくて敏感肌でも使えるものまで
さまざまありますね。

 

お肌が敏感なときでも使える
美白美容液があるのは
嬉しいポイントです。

まとめ

美白美容液は
・美白有効成分
・保湿成分
が配合されているものを
選ぶのが大切なポイント。

 

新たにシミができるのをふせぎながら
お肌のターンオーバーを整えることで
明るいお肌を目指しましょう。

この記事を監修した美容の専門家

ふかざわつきほ

♦コスメコンシェルジュ
♦日本化粧品検定 1級


美容の専門家として正しい
美容知識をわかりやすく執筆中。