乾燥やシミ・そばかす・くすみなど
多くの肌悩みの原因となる紫外線。

 

肌悩みになってしまう前に
日常的に対策していきたいですよね。

 

ということで、今回みなさんに
おすすめしたいのが、日焼け止め
効果のある化粧下地!

 

1年通して対策が必要な紫外線に
日常的なメイクからアプローチ
することができるアイテムで、
プチプラでも購入することが
できるのが嬉しいですね。

 

それでは今回は
日焼け止め効果がある
化粧下地について
◆下地の選び方のポイント
◆順番とつけ方のポイント
◆おすすめランキングTOP10
を紹介していきます。

日焼け止め化粧下地の正しい選び方

まずは日焼け止め化粧下地を
選ぶときに注目して欲しい
ポイントを紹介します。

 

~日焼け止め化粧下地を選ぶポイント~

①SPF値、PA値

②紫外線カット剤の種類

 

<SPF値・PA値とは>

SPFとは、
紫外線B波(UVB波:日に焼けたときに
皮膚が赤く炎症を起こす)をふせぐ
効果をあらわす値のこと。

 

数値が大きいほど、効果の
持続時間が長くなります。

 

PAとは、
紫外線A波(UVA波:日に焼けたときに
皮膚が黒くなる)をふせぐ効果を表す値。

 

+で表され、+が多いほど
効果が高くなります。

 

これだけ見ると「SPFやPAの値が大き
ければ大きいほどいいんじゃないの?」
と思ってしまいがちですが、

 

この値は大きければ大きいほどお肌への
負担も大きくなる傾向にあるのです。

 

日常的な紫外線をふせぐには、
SPFは10~30、PAは+か++
くらいで充分なんですよ。

 

SPFやPAがとても高いものは
レジャーやマリンスポーツの
ときにおすすめです。

 

続いて、日焼け止め下地に
配合される、紫外線カット剤の
種類についてみていきましょう。

 

<紫外線カット剤の種類>

紫外線カット剤の種類

紫外線カット剤の効果

紫外線カット剤の特徴

紫外線吸収剤
(酸化チタン、酸化亜鉛など)

紫外線を熱エネルギーに変えることで紫外線を吸収して、肌を紫外線から守る

・強力

・白浮きしにくい

・かゆみや乾燥の原因になることがある

紫外線反射剤
(オキシベンゾン、シラソーマなど)

金属を用いて鏡のように紫外線を反射させて、紫外線が肌に届かないようにする

・乾燥しにくい

・白浮きしやすい

・金属アレルギーが

ある場合、汗と反応してアレルギーが起こることがある

抗酸化剤
(ビタミンC・E、アスタキサンチンなど)

紫外線による肌の酸化を肩代わりすることで、日焼けをふせぐ

上2つの成分の補助的に使われる

最近「低刺激だから紫外線吸収剤
不使用のものの方が良い!」という
風潮にありますが、吸収剤にも
反射剤にもデメリットはあります。

 

乾燥が特に気になる人は、
 →反射剤使用のもの

金属アレルギーがある人や
白浮きさせたくない人は、
 →吸収剤使用のもの

を選ぶと良いでしょう。

日焼け止め化粧下地の順番とつけ方ポイント

続いて日焼け止め化粧下地の
使い方について説明していきます。

 

~日焼け止め化粧下地の使い方~

<使う順番>
①洗顔
 ↓
②スキンケア

③日焼け止め化粧下地

④ファンデーション

 

<日焼け止め下地を使うときのポイント>
①適量を使用する

②ムラにならないように薄く伸ばす

 

日焼け止め効果のある化粧下地を
使う場合、日焼け止めと併用しても
高い効果が得られるわけではない
ので、日焼け止めは使わなくてOK!

たくさん塗ったからと言って効果が
強くなるわけではありませんし、
もったいないからと言って少量で
済ませてしまうときちんと日焼け止め
効果が発揮されないので適量を使用し、

 

塗りのこしやムラがないように
しっかりと顔全体に伸ばしましょう。

日焼け止め化粧下地のおすすめランキング

それではここからは日焼け止めの
効果がある化粧下地をランキングで
10こ紹介していきます。

 

~日焼け下地ランキングトップ10~

【①アクセーヌ:スーパーサンシールドEX】
(SPF50+/PA++++)
(4,320円)

紫外線吸収剤フリーでありながら
高い紫外線カット効果を発揮して
くれる嬉しい化粧下地。

 

みずみずしくスーッとなじみ、
肌色を明るく演出してくれます。

 

【②セザンヌ:UVウルトラフィットベース】
(SPF36/PA++)
(734円)

7種のうるおい成分(ヒアルロン酸、
マロニエエキスなど)を使用し、
乾燥の原因になることがある紫外線
吸収剤や鉱物油はカットした下地。

 

高保湿で日常的な紫外線も
しっかりふせいでくれる
うれしい1本ですね。

 

【③キス:マットシフォンUV
ホワイトニングベースN】
(SPF26/PA++)
(1,728円)

毛穴をきれいにカバーして肌の凸凹を
均一に整えながら、過剰な皮脂を吸着
してテカリや化粧くずれを防ぎます。

 

皮脂をしっかり吸着してくれますが
ヒアルロン酸や植物性セラミドなど
うるおい成分も配合されています。

 

紫外線吸収剤も無添加で
乾燥肌向けのUVケアコスメ
といえますね。

 

【④ヘレナルビンスタイン:
プレミアム UV-AG ローズベース】
(SPF50/PA++++)
(8,100円)

UV&環境対策、カラーコントロール、
エイジングケアが1本につまった
とっても優秀な日焼け止め化粧下地。

 

ローズカラーで、お肌の血色感を
自然にアップしてくれます。

 

高価だけど、お守り的に
持っていたい1本ですね。

 

【⑤ポール&ジョー:プロテクティング
 ファンデーションプライマーS】
(SPF42/PA+++)
(3,780円)

UVカットとうるおいをひとつに
したみずみずしいつけ心地の下地。

 

透明感あふれるさらさらの
お肌に仕上げてくれます。

 

【⑥花王:プリマヴィスタ
皮脂くずれ防止 化粧下地】
(SPF20/PA++)
(3,024円)

皮脂をかかえこんで広げないオイル
ブロック処方で、気温や湿度が高い
日でもテカリを抑えてさらさらとした
きれいな仕上がりが持続します。

 

2017年度は『MAQUIA』の「発表!
みんなのベスコス2017年下半期」の
下地部門をはじめとする数々の
コスメアワードを受賞している
大人気の化粧下地です。

 

【⑦カネボウ:コフレドール
毛穴つるんとカバー化粧もち下地UV】
(SPF50/PA+++)
(3,024円)

高いUVカット効果が魅力的な1本。

毛穴の凸凹・黒ずみもしっかり
カバーして厚塗り感のない
きれいなお肌に仕上げてくれます。

 

密着力が高く、汗・皮脂による
化粧くずれをふせいでくれるので
つるんとしたつけたてのような
仕上がりが持続できる化粧下地。

 

【⑧資生堂:マキアージュ ドラマティック
 スキンセンサーベースUV】
(SPF25/PA+++)
(2,808円)

「美肌センサー処方」で、必要な
うるおいは吸収せず、皮脂だけを
感知して固めてくれる化粧下地。

 

お肌をさらさらに保ちながら
うるおいはしっかりキープして
化粧くずれを防いでくれます。

 

【⑨セザンヌ:皮脂テカリ防止下地】
(SPF28/PA++)(648円)

皮脂吸着パウダーが毛穴の凸凹を
カバーしながらテカリをふせぎ、
光拡散効果で毛穴を目立たなく
してくれます。

 

スキンケアがしっかり浸透してから
使うのがより化粧くずれしにくく
なる大切なポイントです。

 

紫外線吸収剤不使用タイプなので
日焼け止めによる乾燥が気になる
人にもおすすめの1本ですね。

 

【⑩ディオール:ディオールスキン
 フォーエバー&エバーベース】
(SPF20/PA++)
(5,832円)

完璧なお肌を目指すための最初の
ステップを担ってくれる化粧下地。
ファンデのノリともちを高めます。

 

皮脂がたくさん出てしまいがちな
脂性肌さんに特におすすめの
オイルフリー処方が嬉しいですね。

 

化粧下地には日焼け止めの効果の
あるものがほとんどなので、
選択肢が多くてありがたいですよね。

まとめ

対策を怠るとシミやそばかすなどの
肌悩みの原因になってしまう紫外線。

 

大切なのは日常的なケアです。

 

毎日つかう化粧下地を、UVカット
効果がしっかりあるもの選ぶことで
日常的な紫外線対策ができます。

 

紫外線カット剤の種類や、コスパ、
効果の強さなどから自分の生活に
ぴったりの1本を探して使って
みてくださいね。

この記事を監修した美容の専門家

♦コスメコンシェルジュ
♦日本化粧品検定 1級


美容の専門家として正しい
美容知識をわかりやすく執筆。
自分に合うスキンケアやメイクなど
美容に関する情報も発信中。