ベースメイクの仕上げに使うことで
メイクの持ちを良くしてくれたり、
皮脂によるテカリを抑えてくれたり
するアイテム・フェイスパウダー。

 

その中でもプレストパウダー
って、持ち運びに便利なので
外出先でメイクを直すときに
とっても重宝するんですよね。

 

パウダーって粉だから乾燥して
見えてしまうかも?と心配する方も
いるかも知れませんが大丈夫です。

 

プレストパウダーは、選び方や
塗り方でツヤ肌メイクもできるし
30代40代の乾燥肌などのお悩み
にもアプローチできるんですよ。

 

今回は
プレストパウダーについて
♦プレストとルースパウダーの違い
♦プレストパウダーの選び方
♦おすすめランキングトップ10

について紹介していきます。

私もプレストパウダーは外出用
として愛用しているので魅力を
たっぷりおすすめしていきますね!

プレストパウダーとルースパウダーの違い

フェイスパウダーの役割は、
ベースメイクの仕上げに使う
ことでメイク崩れを防いだり
テカリを抑えたりすること。

 

プレストパウダーの紹介をする前に、
まずは同じフェイスパウダーだけど
形状の違うルースパウダーと比較を
表にまとめたので見ていきましょう。

 

~プレストパウダーとルースパウダーの特徴~

 

プレスト
パウダー

ルース
パウダー

①形状

固形状

粉状

②仕上がり

落ち着いた
質感

ふんわりとした質感

③持ち運び

持ち運び
やすい

持ち運びにくい

④おすすめ
肌タイプ

乾燥肌

脂性肌

 

まず大きく違うのは①形状です。

 

ルースパウダーは粉状で、プレスト
パウダーは粉を押し固めて作られて
いるので、固形になっています。

 

そのため、外出先でのメイク直し用に
持ち歩いても荷物の中で粉が飛び散る
可能性が低いという魅力があるんです

 

続いて②の仕上がりですが、
プレストパウダーは購入時に
かためのパフやスポンジが
ついてくる場合が多く、それを
使うとしっかりと落ち着いた
質感の仕上がりになります。

 

ルースパウダーはやわらかいパフや
ブラシでつけることが多いので、
やわらかくふんわりとした質感を
演出するのに向いているんです。

 

④のおすすめの肌タイプについては、
プレストパウダーの主な製法と
一緒に説明していきます。

 

~プレストパウダーの製法~

①パウダーのみを押し固める

②リキッドファンデの水分を
蒸発させてから押し固める

③パウダーにつなぎとなる
成分を混ぜて押し固める

 

プレストパウダーは主にこの
3種類の製法で作られますが、

 

①のようにパウダーのみを
プレスする製法はコストが
かかるので高価なものにしか
使われず、ほとんどが②③の
製法で作られているんです。

 

なので、プレストパウダーは
ルースパウダーにくらべて
油分や保湿成分が配合されて
いることが多く乾燥肌さんに
おすすめのパウダーなんですよ。

プレストパウダーの選び方:年代別

「年齢に合ったメイクをすること」
若々しい見た目を保つためにとても
重要なポイントのひとつなんです。

 

そのためには年齢を重ねる
ごとに、メイクを少しずつ
変えていくことが大切です。

 

ということでここからは年代別に
どんなプレストパウダーを選ぶ
のが良いか紹介していきますね。

 

 

~年代別・プレストパウダーの選び方~

30代

・パールたっぷりは卒業
・ピンク系よりオークル、ベージュ、ルーセント

40代

・カバー力重視

50代

・ホワイト系、パープル系で顔色を明るく

 

まず20代に比べて落ち着いた印象を
求められるようになる30代の方は、
パール配合の鮮やかなパウダーより
ナチュラルなものがおすすめです。

 

またピンク系は鮮やかになりすぎて
しまうことがあるので、カバー力が
欲しい人はオークル・ベージュ系、
肌悩みが少ない人は透明なルーセント
タイプを選ぶと良いですよ。

 

お肌の悩みが増えてくる40代は
カバー力を重視しましょう。

 

光を拡散してくれるものや、
高密着のものがおすすめです。

 

50代になってくるとカバー力は
もちろん血色感の悪さや透明感の
減少にアプローチが必要です。

 

ホワイト系やパープル系の
パウダーを使うと、お肌が
明るく仕上がるんですよ。

ツヤ肌を作る!プレストパウダーの使い方

自分の年代にぴったりのパウダーの
選び方がわかったところで、次は
実際に使い方をみていきましょう。

 

今回は、ツヤ感とカバー力を
重視した使い方と、くずれを
防止する方法をご紹介します。

 

~ツヤ感・カバー力重視の使い方~

①ファンデーションのあと、
 ブラシやパフにパウダーを取る

②余分なパウダーを落とす
(ブラシ:ティッシュで軽く拭く)
(パフ:折りたたんでもみこむ)

③やさしく磨くような
 イメージでくるくると
 顔全体になじませる

 

厚塗りは化粧崩れの原因になる
ので薄づきを心がけてください。

 

やさしく磨くようにつけることで
まさに磨かれたようなツヤ肌に
仕上げることができるんですよ。

 

~乾燥肌向け、密着感を高める方法~

①パウダーをなじませたあと、
 化粧水や精製水をスプレー
 などで顔全体にふきかける
(しっとりとするくらい)

②水分をティッシュオフする

 

この2ステップでしっとり感が
増して、密着感も高くなるので
皮脂や汗でメイクが崩れにくく
なるおすすめの方法です。

 

コスメコンシェルジュの私も
実践している方法なので、
メイク崩れが気になる人は
ぜひ試してみてくださいね。

おすすめプレストパウダーランキングTOP10

ここからは、ぜひ使ってほしい
おすすめプレストパウダーのトップ10を
ランキングでご紹介していきます。

 

~プレストパウダーランキングトップ10~

【①マキアージュ:スノービューティ
ホワイトニングフェイスパウダー】
6,500円

一般的なフェイスパウダーのように
メイクの仕上げとしても使えますが
夜、スキンケアのあとに使うことで
スキンケア効果を逃さないように
お肌に極薄膜を作ってくれます。

 

【②キャンメイク:
マシュマロフィニッシュパウダー】
(1,015円/リフィル756円)

べたつきやテカリを抑えて、
ふんわりとした思わず触りたく
なるような肌に仕上がります。

 

【③セザンヌ:
UVクリアフェイスパウダー】
(734円)

さらさらのパウダーがくすみを
飛ばして顔色を明るくみせます。
皮脂を吸着して崩れを防ぎながら
12種類もの美容液成分でお肌を
ケアもしてくれる優れものです。

 

【④オルビス:
サンスクリーンRパウダー】
(2,472円)

絶対に日焼けしたくない!という
人のための、紫外線カット効果が
高く、夏向けのパウダーです。
汗・皮脂でくずれにくく、皮脂を
吸収することで光を拡散する効果が
強くなってきれいな肌を演出します。

 

【⑤トランシーノ:薬用UVパウダー】
3,000円

紫外線カット効果が高いので、
日中の塗りなおしに最適です。

キメ細かいパウダーがお肌に
密着して、色ムラや毛穴も
ひと塗りでサッとカバーして
ふんわり肌に仕上がります。

 

【⑥無印良品:プレストパウダー】
(990円)

微粒子のパウダーが光をコントロール
してお肌に透明感を与えてくれて、
オリーブスクワランやモモ葉エキス
など、植物性うるおい成分が配合
されているのが嬉しいですね。

 

【⑦msh:タイムシークレット
ミネラルUVパウダー】
(1,944円)

シミ・毛穴ゼロを目指して
作られたパウダーなので、
カバー力が高いのが特徴。

非常に細かい微粒子パウダーが
ひと塗りで肌全体に密着して、
シミ・毛穴を瞬間的にカバーして
くれるプレストパウダーです。

 

【⑧黒龍堂:ポイントトマジッ
pro プレストパウダーUV】
(1,404円)

カバー力が高いパウダーなので、
化粧下地のすぐあとに使うことで
気になる毛穴を隠しながら、素肌
っぽくナチュラルに仕上がります。

長時間つけていても、崩れにくく
くすみにくいのが魅力的です。

 

【⑨MAC:ミネラライズ
スキンフィニッシュ】
(4,536円)

カラーコントロール効果があり、
顔色をパッと明るく華やかに
補正してくれるパウダーです。

 

【⑩メイベリンNY:
フィットミーパウダー】
(1,404円)

きめ細やかなパウダーが汗や
皮脂などテカリの原因を抑えて
毛穴もしっかりカバーします。

 

カバー力が高いものから顔色を
補正できるもの・スキンケアが
できるものまでいろいろあるので
肌悩みに合わせて選んでください

まとめ

お肌をきれいに見せてくれる
効果がコンパクトにたっぷり
詰まったプレストパウダー。

 

お悩みや年齢に合わせた
選び方・使い方をしっかり
おさえて、綺麗なお肌を
演出しちゃいましょう。

この記事を監修した美容の専門家

♦コスメコンシェルジュ
♦日本化粧品検定 1級


美容の専門家として正しい
美容知識をわかりやすく執筆。
自分に合うスキンケアやメイクなど
美容に関する情報も発信中。