スーパーへ行くと必ずおいてある赤や黄色のパプリカ…

 

普段ほとんど買うことはなく通り過ぎてしまう食材
なんですが…

 

なんと このパプリカが野菜の中でもビタミンC含有量が
トップクラスということで美肌を作る食材なんですね。

 

そのパプリカについて 2017年6月6日放送の
NHKのあさイチでパプリカがビタミンC豊富
ということで美容に効果的と紹介していました。

 

美肌を作るなんて…パプリカをたくさん食べたい~!

 

そこで 食べ方のバリエーションがあまりない 
パプリカですが あさイチでおいしいのパプリカの
作り方を紹介していたのでお伝えしたいと思います。

 

Sponsored Link

美肌を作るビタミンC豊富なパプリカの効能

ビタミンC含有量 ビタミンA 調理法

 

ビタミンCが多い食材と言えば…レモンという
イメージですが なんとビタミンC含有量が一番
多いのは野菜のパプリカだったんですね~

 

ビタミンCの多い食品…ということで
参考にランキングでトップ7まで調べて
見たのですが…1位と2位はパプリカなんですよ。

 

 

~ビタミンC含有量が多い食材トップ7~

(※食品100g当たりのビタミンC含有量)

 

♦1位 パプリカ(赤ピーマン)

♦2位 パプリカ(黄ピーマン)

♦3位 ゆず(果皮)

♦4位 アセロラジュース

♦5位 パセリ

♦6位 芽キャベツ

♦7位 レモン

 

ビタミンC含有量があのレモンで7位 そして
パプリカが1位・2位ということなんですね。

 

ということで ビタミン豊富で栄養満点あパプリカが
どんな効果・効能があるのか紹介したいと思います。

 

 

~パプリカの効果・効能~

♦美肌効果

♦免疫力UP

♦疲れにくい体

 

ビタミンCの他に 抗酸化成分を豊富に含んで
いるので免疫のある体が作れるすごい食材ですね。

 

 

赤と黄色のパプリカの栄養の違い

パプリカには赤と黄色があるのですが違いは
その栄養価にあります。

 

パプリカは 赤と黄色の他にオレンジのものも
あるんですがこちらも 少し栄養価が違います。

 

ということで 赤と黄色のパプリカのビタミンC
含有量が違うように どんな点に違いがあるのか
紹介したいと思います。

 

 

~赤・黄色・オレンジパプリカの栄養の違い

 

【赤パプリカ】
♦抗酸化効果・新陳代謝UP・
 冷え性改善疲労回復

【黄色いパプリカ】
♦シミそばかす防止・美白効果

【オレンジのパプリカ】
♦抗酸化効果・美白効果・免疫力UP・
 エイジング効果

 

 

3つの中でもオレンジのパプリカは特にビタミンCの
濃度が緑ピーマンの2倍になっています。

 

味の違いでは 黄色パプリカの方が赤より甘いそうです。

美容効果はすごそうですね~

 

Sponsored Link

焼いても生でも食べれるパプリカの食べ方

パプリカは食べ方のバリエーションがあまりないので
なかなかメニューになりにくいのですが…

 

生でも食べれるし 加熱してもビタミンCが壊れない
というすごい食材なんですね。

 

よくビタミンCは加熱すると壊れると言われますが
パプリカは大丈夫です。

 

だから 料理も生料理から加熱までいろいろと
バリエーションも増やせておいしく食べれるんですね。

ということで…

 

~生・加熱でも食べれるパプリカ~

 

♦パプリカは加熱してもビタミンCは壊れない

 

加熱してもビタミンがそのままとれるのはうれしいですね~

 

パプリカのおすすめレシピ:肉詰め・ピクルス

NHKあさイチでおすすめしていたおいしく食べれる
パプリカのレシピ(肉詰め・ピクルスなど)を紹介
したいと思います。

 

 

~パプリカの肉詰めレシピ(あさイチ)~

<材料>

♦パプリカ……4個

♦(トマトソース)

 …トマトの水煮缶詰2缶(800g)
 …ニンニク(芯を取ったもの)1かけ

 

(Aの材料)

♦ハーブ……適量

♦オリーブオイル…大さじ4~6

♦砂糖……2つまみ

♦塩……小さじ1

♦コショウ……適量

 

(肉だね)

♦合いびき肉……300g

♦卵……1個

♦みじん切り玉ねぎ……1/2個

♦米……おおさじ4

 

(Bの材料)

♦塩……適量

♦コショウ……適量

♦ナツメグ……少々

 

 

<作り方>

♦①パプリカを横に寝かせて ヘタから
フタとなる部分と器になる部分に切り分ける。
(ヘタが落ちないよう上部が蓋になるよう1/4を切る)

♦②パプリカの器の部分の種とワタを取る。

♦③鍋にトマト煮缶とAの材料のニンニク・
お好みのハーブと入れる。

♦④フタをして沸騰するまで強火で加熱し
沸騰したら表面がふつふつするくらいの
弱火で煮込む。

♦⑤トマトが少し柔らかくなったら つぶして
さらにまた煮込む。

♦⑥肉だね作りで合いびき肉にBの材料 玉ねぎ・
卵・米を入れて良く練る。

♦⑦⑥をパプリカに詰めて蓋をつまようじで止める。

♦⑧トマトソースの中に⑦を入れて弱火で40分煮込んだら
できあがり。

 

 

パプリカだけでなくトマトソースのリコピンも含んだ
抗酸化成分が豊富なメニューなのでダブルの美肌効果です!

 

 

~パプリカのピクルスのレシピ(あさイチ)~

<材料>

♦砂糖……45g

♦醤油……9g

♦塩……5g

♦カツオの削り節……3g

♦水……100ml

♦酢……100ml

 

 

<作り方>

♦①パプリカを1/4に切り種とワタを取る。

♦② ①のパプリカを1口大の大きさで三角形に切る。

♦③切ったパプリカを皿に盛り ふんわりとラップをかけ
電子レンジで(600~700w)で1分加熱する。

♦④ ③のラップを外しておく。

♦⑤ピクルス液の材料を耐熱皿に入れラップを
かけずに600wで3分加熱する。

♦⑦ ⑥のパプリカを煮沸諸消毒した保存容器に詰める。

♦⑧ ④パプリカも煮沸消毒した保存容器に詰める。

♦⑨温かいまま⑦のピクルス液を浸かる程度にする。

♦⓾30分間おいたら出来上がり。

 

こちらは保存も効くし サラダやドレッシングとしても
食べれます。

 

パプリカレシピの保存方法と保存期間

作ったパプリカの保存方法が気になるので
パプリカを使ったレシピの保存方法を
紹介したいと思います。

 

 

~パプリカレシピの保存方法~

【ピクルス】
♦冷蔵庫で 約2週間保存可能
(保存期間は2週間ですが食べごろは1週間くらい)

 

 

また 生のパプリカを切ってジップロックに
入れて冷凍保存するのもおすすめです。

 

サラダなど料理の時にササッとカラフルに
アレンジできますよ。

 

 

~パプリカの冷凍保存方法・期間~

【冷凍保存方法】
♦生や加熱したパプリカを切り
ジップロックに入れ冷凍保存する

 

【冷凍保存期間】
♦冷凍庫で2~3週間保存可能

 

まとめ

●パプリカはビタミンC含有量が多い食材

♦ランキング1位は赤パプリカ2位は黄パプリカ

 

●パプリカの効果・効能
♦美肌効果
♦免疫力UP
♦疲れにくい体

●赤・黄色の栄養の違い
【赤パプリカ】
♦抗酸化効果・新陳代謝UP
冷え性改善・疲労回復
【黄色いパプリカ】
♦シミそばかす防止・美白効果

 

●パプリカレシピの保存方法

【ピクルスの冷蔵方法】
♦冷蔵庫で 約2週間保存可能

●パプリカの冷凍保存方法・期間

【冷凍保存方法】
♦生や加熱したパプリカを切り
ジップロックに入れ冷凍保存する
【冷凍保存期間】
♦冷凍庫で2~3週間保存可能

 

 

今まで スーパーへ行ってもパプリカはほぼ
買わない食材でしたが…こんなにも美容効果が
高いなら これからは冷凍したりして毎日
摂っていきたいと思います。

 

いろんなパプリカのメニューで美肌効果UPです~

 

Sponsored Link