美白ホワイトニングにおすすめな
アイテムで気になっているのが
ビーグレンとアンプルール!

どちらも美白効果がありますが、それぞれ
どんな効果があるかどんな人におすすめ
なのでしょう?

美白商品で言えば
ビーグレンがQuSomeホワイトクリームで
アンプルールがコンセントレートHQ10、
どっちもハイドロキノン配合です。

 

今回は、
◆ビーグレンとアンプルール効果の比較
◆ハイドロキノンの効果
◆おすすめな美白アイテム

について紹介していきます。

公式サイトはコチラ

↓ ↓ ↓

[b.glen]ホワイトケア

ビーグレンとアンプルールの効果の比較

 

まずは、ビーグレンとアンプルールの特徴や
効果、価格をまとめてみました!

【ビーグレン・アンプルール美白クリーム比較】

 商品

QuSomeホワイトクリーム

コンセントレートHQ

特徴

全顔に美白効果がある
とろみのあるテクチャー

美白効果・保湿力が高い
肌にやさしい

効果

美白効果
キメを整える効果

美白効果
シミをケアする効果
スキンケア効果

主な成分

ハイドロキノン
βホワイト
ハイビスカス花発酵液
ゲンチアナ根エキス など

新安定型ハイドロキノン
ジメチコン
カンゾウ根エキス など

価格(現品)

6,600円(15g)

10,800円(11ml)

価格(定期購入)

6,270円(15g)

9,720円(11ml)

価格(トライアル)

1,980円(セット価格)
※2週間ためせます

1,500円(セット価格)
※7日間ためせます

 

2つの違いは、

ビーグレンは、
お肌のキメやツヤを整えに期待ができること

アンプルールは、
お肌への刺激が弱いことです。

価格面では、
ビーグレントライアルは、5点1,980円。
(洗顔・化粧水・美容液・
ホワイトクリーム・保湿クリーム)

アンプルールトライアルは、6点1,500円。
(美容液・化粧水・美白美容液・美容乳液ゲル・
クレジング2包・洗2包)

 

となっていて価格面ではアンプルールの方がお得
ですが、お試し期間が長いのはビーグレンの
2週間です。

ビーグレンについて詳しくはコチラ→[b.glen]ホワイトケア

アンプルールについて詳しくはコチラ→アンプルール

美白におすすめなハイドロノキンの効果

ビーグレンもアンプルールもどっちも
美白効果のある「ハイドロキノン」が
配合されています。

 

~ハイドロノキン成分の効果~

◆シミのもととなるメラニン色素を生成する
 メラノサイトの働きを抑える効果

 

 

ハイドロキノンはこのような効果のため、
美白効果に優れていています。

また、ハイドロキノンを使うときは
いつも以上に紫外線対策するのがおすすめです。

日を浴びてしまうとシミを作る
原因になってしましますので。

 美白におすすめはビーグレン?アンプルール?

次に、美白におすすめなのはビーグレンか
アンプルールですがそれぞれ、ハイドロキノンの
配合量や使い方について紹介していきたいと思います。

 

【ビーグレン・アンプルール比較】

 

ビーグレン

アンプルール

商品名

QuSomeホワイトクリーム

コンセントレートHQ

ハイドロノキン配合量

1.9g

2.5g

使い方

顔全体に使用できる

シミのあるスポットに使用

 

スポットシミを集中的にケアしたい人は
アンプルールのコンセントレートHQを

 

顔全体をケアしたい人は、
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9が
おすすめです。

 

ビーグレンはまた、美白だけでなく
顔全体に塗ることでシワやくすみの
ケアにもおすすめなんですね。

まとめ

今回は、美白ケアでよく比較される
ビーグレンとアンプルールの特徴や効果
などをまとめてみました。

肌の悩みの中でもシミはなかなか
消えないし気になる悩みです。

 

美白ケアするなら、ハイドロノキン成分配合の
アイテムで自分のお肌に合わせて使ってみると
いいと思います。

ビーグレンもアンプルールもお手頃価格の
トライアルセットがあるのでためしてみて
くださいね!

アンプルールのトライアルセット見てみる

↓ ↓ ↓