西野カナ アメブロ引用

女子高校生や20代から圧倒的な
人気を誇る西野カナさんは抜群の
スタイルの持ち主ですが

 

スリムな西野カナさんも
デビュー当時はぽっちゃり体型
だったんですよ。

 

現在は痩せて細っそりしていますが
実は西野カナさんは
1か月で約8㎏のダイエットに
成功したんです~

 

1ヶ月で8kgの減量はスゴすぎますよね!

そこで気になるのは、
どんなダイエットをして、
1か月で約8㎏も激ヤセできたのか…

 

ということで今回は、
西野カナさんの

♦激ヤセした理由
♦ダイエット方法
♦ダイエットの食事内容とサプリ

を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

西野カナが痩せたビフォーアフター画像

西野カナ 公式ブログ引用

最近の西野カナさんを見ると、
首筋や顔のラインがスッキリ
してますが、昔はぽっちゃり
していましたね。

こんなにもすっきり痩せれた
秘訣が知りたいですよね!

西野カナが激ヤセした理由

太ったり、痩せたりを繰り返していた
西野カナさんは、ダイエット後
引き締まった身体をキープしています。

 

1度ピークに太っていたときの顔は
丸々としていましたが

 

そこからどうやって激ヤセ
したのでしょうか?

気になりますよね!

 

激ヤセした西野カナさんが
痩せるために努力したことを
まとめて紹介します。

~西野カナが激ヤセできたポイント~

♦食事内容の改善、食べる時間

♦有酸素運動

♦サプリメント

 

西野カナさんは、ダイエットで
これらのポイントを上手く組み
合わせることであのほっそりとした
身体を手に入れたみたいなんですね。

 

身体が美しくなったのはもちろん、
今まで顔を隠すようなヘアスタイルから
おでこをみせたポニーテールに挑戦したりと
キラキラしているようにも見えますよね!

1ヶ月で8kg痩せた西野カナのダイエット方法5つ

では、次にどうしてこんな短期間に
8キロも痩せれたのか、西野カナさんが
実践した5つのダイエット方法を
紹介していきますね。

 

~西野カナのダイエット方法5つ~

♦1.夜6時以降は何も食べない

♦2.軽いジョギングを週3回

♦3.間食をしない

♦4.乳製品を摂る

♦5.野菜・豆類を中心にした食事

 

西野カナさんはこの5つのダイエット方法
約1か月続けて7~8㎏の減量に成功しました。

 

食事面のポイントについては
夜6時以降は何も食べないこと
胃腸が休まりデトックス効果になり
代謝も上がり良質な睡眠が
とれたのがよかったようですね。

 

さらに、乳製品の中でもヨーグルトを
必ず食べると決めていたそうです。

ヨーグルトのビフィズス菌は
腸内環境を整えてくれて、
基礎代謝を上げてくれるので
私も少し食べすぎたな~と
思ったときや、夜おなかがすいたとき
ヨーグルトを食べているんですよ。

次に運動面についてですが
ポイントは、距離より時間
意識したようです。

有酸素運動は身体が脂肪を
燃やし始めるまでに
20分前後かかってしまいますので、
20分以上続けることを目標に
してみると効果的のようですね。

Sponsored Link

西野カナのダイエットの食事内容と愛用サプリメント

では、西野カナさんが摂り入れている
サプリメントを紹介していきます。

 

西野カナさんは『スピルリナ』という
サプリを毎日飲んでいるそうです。

 

スピルリナとは、他の野菜等と同じ
天然食材で、藻の一種で栄養価の
高さからスーパーフードとして
認定もされているんですよ。

 

~西野カナのサプリの摂り方~

♦サプリメント名:スピルリナ

♦毎食前の30分~1時間前

♦足りない栄養素を補う

♦1日に10~25粒

私もよくダイエット中に栄養が足りているか
心配になったり、栄養が足りなくて
体力が落ちたりしてしまうのですが、
スピルリナは栄養をしっかり補ってくれるので
ダイエット中の頼もしい見方ですよね!

 

スピルリナは西野カナさんだけでなく、
モデルのミランダ・カーや世界の
歌姫のマドンナも飲んでいるんです!

もちろんダイエット中に嬉しい効果が
たくさんありますが、日々の栄養不足を
補う目的で飲むのもおすすめですよ。

スピルリナの公式サイトはコチラ

↓ ↓ ↓

話題のスピルリナ高配合サプリ/初回1袋分が無料!

まとめ

今回は激ヤセした西野カナさんの
ダイエット方法とサプリについて
紹介してみました。

 

意外と毎日の生活の中で
少し気をつけるだけでいいこと
ばかりでしたね!

 

夜6時以降食べないことや
ヨーグルトを食べる、
野菜を積極的に食べるといったことは
普段の生活でも気をつけれますよね。

 

ダイエット中に過度な食事制限を
するのではなく、食事内容に気をつけ、
適度な運動がポイントですね!

Sponsored Link