気づいたら
「こんなところにシミができてる~!」
なんてことありませんか?

しかし、見てみるとシミと思って
いたものがよく聞く、肝斑(かんぱん)
だったということもあります。

 

そんな時、シミはシミでも肝斑と
通常のシミと、どう違うのかと
思いますよね。

 

実は、シミにはいろんなタイプがあり
その原因によって種類も違うんですよ。

 

シミには、紫外線によるもの、
ニキビ跡のもの、ストレスなどから
できるものなど種類もさまざまです。

 

実際にできてしまったシミはタイプに
よってもケアの仕方も違うので、
気になるシミは見分け方が
大切になってくるんですよ。

そこで今回は
シミ対策のために

♦シミと肝斑の違い
♦シミと肝斑の原因と見分け方
♦シミと肝斑を消す方法

をまとめて紹介したいと思います。

Sponsored Link

シミと肝斑の違いは?原因と見分け方

シミと並んでよく聞くのが目の下
あたりにできる肝斑がありますが
他のシミとはどんな違いがあるのでしょう?

 

シミの原因で種類が分かれるので
原因と見分け方を詳しくみてみましょう!

 

~シミの種類と原因~

♦日光黒子(紫外線が原因)

♦ソバカス(遺伝が原因)

♦炎症後色素沈着
(やけど、ニキビ、かぶれが原因)

♦肝斑(女性ホルモンの乱れが原因)

 

シミの種類を見てもそれぞれ
原因がちがうのがわかりますね。

 

肝斑は女性ホルモンが乱れる原因として
ストレスや妊娠やピルの服用でできること
があげられていて30~40代にできやすい
特徴があります。

 

シミ対策と言っても内側の乱れは
避けられないですよね。

でもどうやって見分けたらよいのでしょう?

 

肝斑かも?と思ったら見分けるべき特徴が
あるので紹介しますね。

 

~肝斑の見分けチェック方法~

①左右の頬骨に添ってできてる 
②ぼやっと広くできており
   季節により濃さが変わる
③30~40代にいきなりできた
④ピルの服用経験、妊娠経験がある
⑤ストレスを強く感じている

いかがでしょうか?

頬骨の下にだけ集中しある場合は
疑ってみてもよいかもしれませんね。

 

実は私も過去にストレスで急に
両目の下あたりに大きな肝斑が
出てきて消すのに苦労しました。

 

肝斑って結構目立つし、
ひどいと殴られたような感じにも
見えるようなので早く消したい!って
すっごく思いました!

シミと肝斑を消す方法は3つ

できてしまった肝斑やシミ。

 

一度できると隠しても気になりますよね。
シミをケアしていく方法はどんな
ものがあるんでしょうか?

 

一般的な方法を見てみましょう!

~シミを治す方法3つ~

①化粧品

②レーザー治療

③内服薬・漢方

 

では、それぞれどのように効果が
あるのかみてみましょう!

 

まずは、
【① 化粧品】
シミを治すときの注目ポイントは
化粧品の成分なんですね。

シミに有効な成分をまとめます。

 

<シミ対策できる化粧品の成分>

♦ハイドロキノン
♦アルブチン
♦ビタミンC誘導体
♦トラネキサム酸

 

これらが、シミをつくることを抑制
してくれるのをサポートしてくれます。

 

化粧品は日々のダメージをいつものケアに
取り入れることでシミを予防してくれる
ように働きかけてくれます。

 

次に、
【② レーザー治療】
こちらは、一番シミを消すのには
効果的な方法です。

 

気になるシミに光を当て一部を
やけどさせて消すので痛みがある
ことや予算が高いことが知られてますね。

 

ただし、
肝斑には向いていないので注意
が必要です。

 

最後に
【③ 内服薬・漢方】
漢方は内側からの原因になる
女性ホルモンを整えてくれる
漢方や内服薬があります。

 

楽で続けてできそうですよね!

漢方では当帰芍薬散、内服薬は
市販の物では「トラネキサム酸」が
入ったものなどがあります。

 

シミの悩みの解決にはどんな原因かを
調べて方法を実践するのが大切ですね!

 

特に注意が必要なのは完全に消すのは
困難ということです。

 

内服薬、漢方や化粧品は美容成分や
有効な成分が薄くし目立ちにくくさせて
くれるサポートをしてくれます。

 

続けて使うことがシミをなくすためには
必須なケアになりますね!

 

薬や化粧品では解決できないかも?
と思ったら皮膚科でのケアに切り
替えるのも大切ですよ。

化粧品でシミと肝斑を消すならHAKU美容液

日々のケアの中で続けてシミを解決
させやすいのが化粧品。

 

シミや美白にいい化粧品は沢山ありますが
今回は、12年連続美白美容液売上1位の
資生堂のHAKU美容液を紹介したいと
思います。

HAKU美容液は美白成分に注目ですよ!

 

~HAKU美容液の特徴的なのが美白成分~

◆4MSK(4-メトキシサルチル酸)
(メラニン色素を抑える効果)

◆m-トラネキサム酸
(メラノサイトの活性化を抑える)

 

この2つの美容成分が、シミの原因を
抑制してくれ、より肌の奥に
届けてくれます!

 

おすすめなのはシミだけでなく
肝斑の原因も抑える効果もあると
言われていること。

 

肝斑にはトラネキサム酸が
働きかけてくれると言われて
いるそうですよ!

 

~美白ケアの方法のポイント~

①化粧水と乳液の間に使い、適量を
頬、額、顎、鼻筋にのせて広げていきます。

②薬指や中指でくるくるとマッサージ
しながらまんべんなく広げるのがポイント!

③最後はハンドプレスでケアします

 

摩擦もシミにはよくないので丁寧に
塗り込みが大切ですね!

 

日焼けダメージを受けやすい鼻筋には
特に念入りにケアをすることもおすすめです。

 

HAKU美容液は化粧水や乳液もありラインで
ケアをできるので更に効果的に使いたい方は
そろえるのもおすすめです!

 

私も濃くなってきた日焼けのシミが
すっごく気になってきたので資生堂の
HAKU美容液を使いはじめました!

 

HAKU美白美容液は
web限定トライアル品が2,916円(送料無料)
とお手頃価格で購入できるのでそういったものを
利用し、自分に合うものでシミ対策をして
いくのがいいかと思います。

詳しくは資生堂の公式サイトを見てみて
くださいね。

HAKU美容液のウェブ限定品を見てみる

↓ ↓ ↓

公式オンラインショップ「ワタシプラス」でWEB限定商品を発売【資生堂】

まとめ

シミを解決するには

♦シミの種類を知ること
♦原因に合わせたケア
♦継続的にケアすること

が大切なのがよくわかりましたよね!

 

私も、過去にストレスが原因で
両目の下に肝斑ができてしまったときは
ホントに気分が落ち込みそれを消すこと
ばかり考えてしまいました・・・

 

幸い、当時がんばって美白美容液を
つけまくったおかげで肝斑は消えました。

だから、気になるシミは放って
おかず 肌に合わせてこれからも
ケアをしていきたいです!

 

今は、HAKU美容液を使っているのですが
レビュー記事もあるのでよかったら見て
みてくださいね!

web限定品のHAKU美容液を見てみる

↓ ↓ ↓

公式オンラインショップ「ワタシプラス」でWEB限定商品を発売【資生堂】