疲れが出ると 体のあちこちがだる~くなって
むくんでくる~

 

そんなときはリンパマッサージで気になる顔や
脚など全身をゴリゴリやるのですが…

 

リンパマッサージも正しくやらないと翌日
痛い~ってことあるんですよね。

 

適当なマッサージではかえって逆効果になる…

 

またマッサージって どのくらいの期間
効果が持続するのかも気になるんですよね~

 

 

そこで上腕利きの整体師の先生に10年以上
リンパケアをしてもらている私の経験も交えて
しっかりポイントを押さえた正しい
リンパマッサージのやり方と持続効果の期間
紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

リンパマッサージの効果と持続期間

疲れや体の不調の原因を取り除いてくれるリンパ…

 

全身をめぐるリンパは不要な水分や老廃物・
細菌などを回収してくれる役割を持っているんですね。

 

リンパが滞ると体がむくむのでしっかり流して
むくみを解消するのがおすすめです。

 

そんなリンパのケアってどんな効果があるのか
またどのくらい効果続くのか紹介したいと思いま。

 

~リンパケアの効果~ 

♦美容……小顔・むくみ・ダイエット
(老化の原因を取り除く)

 

♦健康……肩こり・腰痛・便秘
(乳酸などの疲労物質をろ過)

 

♦精神……イライラ・緊張・不安
(副交感神経に作用)

 

リンパケアの効果はリンパとともに老廃物・
細菌をリンパ節まで流すので 美容や肩こりなど
ちょっとした体の不調にとっても効果的です。

 

またリンパケアをすると副交感神経を刺激
するのでリラックス効果も得られるんですね。

 

私もリンパマッサージをしてもらいますが
老廃物が溜まるポイントの首のマッサージが
痛いと流れが滞っているのがわかります。

 

マッサージ後はスーッと軽くなるんですね。

 

もちろん体にたまる疲労物質の乳酸もしっかり
流すので肩こりもすっきりになります。

 

リンパマッサージ後は体が軽くなりますが
その効果ってどのくらい続くのでしょう?

 

~リンパケアの効果の期間~

♦基本的にリンパケアの直後だけ

 

 

リンパケアの効果は基本的にケアの直後だけです。

 

効果は一時的なものなのですがケアを続けることで
体質も変わっていきます。

 

そうやってケアを続けることで自然に流れるように
なっていくんですね。

 

 

私も長年 リンパマッサージをしてもらっていますが
やったすぐ後は スーと体は軽くなります。

 

でも 時間が経てばまた滞ってくるので
続けてリンパケアをすることなんですね~

 

リンパに老廃物が溜まっていると体は重く
感じるので継続的にしっかり流していくのが
おすすめですよ。

 

リンパマッサージの痛い理由

リンパマッサージは痛いとよく言われますが
実際に 長年ケアをやってもらってる経験上 
やっぱりマッサージは痛いです。

 

しかし 毎回毎回痛いわけではないんですね。

 

痛い理由は その時の老廃物の溜まり具合とか
滞りの悪さなどの違いだと思います。

 

ある時は飛び上がるくらい痛いときがあるけど
ある時は それほど痛くないときもある…

 

リンパマッサージが痛いときは老廃物が
溜まっているのでそこをしっかり流し終わると
スーと軽くなってきます。

 

ただ力加減に注意が必要で強すぎると翌日も痛い…
なんてことがあるので力のかけ方は強すぎず
やさしい力でするのがおすすめなんですね。

 

気になるときはマッサージ用のクリームやオイルを
使うとやりやすくなりますよ。

Sponsored Link

流れるリンパマッサージの正しいやり方 

リンパマッサージのやり方で難しいのが
力加減…

 

リンパの流れの重要な地点であるリンパ節は
脚のつけ根・鎖骨・体の中心部・関節にあります。

 

リンパはそのポイント向かって流れていくので
手や足の先から体の中心に向けて全身をケアして
いくのが正しいやり方…

 

そこで 正しくマッサージするために上手な
やり方・圧のかけ方・押し方を紹介します。

 

 

~リンパマッサージのやり方~

①ケアする部分を手のひらで力を
入れずに半円を描くようにぐるりと
回す。

 

②皮膚が突っ張らない程度の強さで
リンパ節になでるようなイメージで
力を入れずに流していく。

 

 

ポイントは半円を描いて原田の中心に
老廃物を流すイメージでマッサージです。

 

リンパの流れる正しい方向へ流す感じです。

 

 

 

~リンパマッサージの力加減~

♦スポンジが沈み込むくらいの力加減が最適

 

リンパマッサージは皮下のリンパ管を圧迫
しない強さでしなくてはいけません。

 

正しい力加減はスポンジの凸凹が沈み込む
くらいの強さです。

 

力を強くかけ過ぎるとリンパは逆に流れが
悪くなるので注意です。

 

~3秒間の圧迫がおすすめ~

♦リンパ節を3秒間手で押して圧迫する。
(鎖骨など指4本で優しく圧迫)

 

♦開放すると勢いよくリンパが流れます。
(圧迫していた手を放す)

 

 

ポイントはリンパの流れで老廃物を押し流すこと!

 

指の腹でリンパ節やリンパ管を3秒間ずつ押したり
緩めたりすると鎖骨・首回り・関節の内側など
溜まった老廃物を流してくれます。

 

この3秒間押して緩めるリンパマッサージは
ホントに効きめありますよ。

 

力を入れ過ぎずやさしくスポンジを押す程度の
圧でマッサージしましょう。

 

 

リンパマッサージのタイミングはお風呂

リンパマッサージをするのに効果的なタイミングは
やはりお風呂上りなんですね。

 

~リンパマッサージのタイミング~

♦お風呂上り

♦入浴中

 

 

体が温まる入浴後は血行がいいのでおすすめです。

 

血行が良くなると血管から染み出す血しょうの
量が増え リンパ管にどんどん吸収されてリンパの
流れをよくしてくれます。

 

このときにリンパケアをするのがとっても効果的
なんですが入浴中 体を洗うついでにケアするのも
おすすめですよ。

 

入浴中にケアするメリットは普段の生活の中で
洗いながら全身ケアができることです。

 

入浴中のケアは一度に全身マッサージができるので
いいですよ。

 

ケアにおすすめな便利なグッズ

リンパマッサージの流れを良くするために
使いたいのがボディクリームです。

 

自宅でリンパを流す時はボディクリームを使えば
リンパケアとお肌のケアもできて一石二鳥!

 

お好みで アロマオイルの香りのあるボディケアを
使うとリラックス効果が得られるのでおすすめです。

 

~おすすめボディクリーム~

●【ジョンソン&ジョンソン:
ジョンソンボディケア エクストラケア】
(410円)

●【ザ・ボディショップ:
アトラスマウンテンローズ ボディバター】
(2,500円)

 

 

~おすすめリンパケアグッズ~

(美容ローラー)

●【ReFaS CARAT RAY】(21,000円)

ReFa CARAT引用

このローラーで皮膚を持ち上げてリンパを
刺激し流していきます。

 

お肌にやさしい力加減ですが 顔の部分は
注意して使いましょう。

 

力の入れ過ぎは    NGですよ~

 

まとめ

●リンパケアの効果3つ

♦美容……小顔・むくみ・ダイエット
(老化の原因を取り除く)

♦健康……肩こり・腰痛・便秘
(乳酸などの疲労物質をろ過)

♦精神……イライラ・緊張・不安
(副交感神経に作用)

 

●リンパケアの持続期間

♦基本的にリンパケアの直後だけ

 

 

長年 リンパマッサージをしてもらっていますが
マッサージの前と後では体の軽さが違うので
滞っている老廃物が流れたのが実感できます。

 

 

リンパマッサージは続けることで効果も
出てくるので 日常生活の「ながらケア」で
無理なく続けていくのがおすすめですよ。

Sponsored Link