毎朝きちんと摂っているはずの朝食が
実は健康リスクの高い食べ方だったりするかも!
と聞いたらびっくりしますよね。

 

朝食には効果的な摂り方があるようで
2017年1月17日放送の 「林修の今でしょ講座」
では最新の 正しい朝食の摂り方が紹介
されていました。

 

いくつか紹介された項目で気になったのが
朝食を 抜き続けると冷え性になるリスクが
高まる というものがありました!

 

朝食の食べ方次第で体にマイナス影響を及ぼして
いることもあるんですよ~

 

自分の食べ方にリスクはないのか?

 

ということで「正しい朝食の摂り方」
項目ごとに まとめてみたので紹介しますね。

Sponsored Link

健康効果がUPする正しい朝食の摂り方

 

なにげなしに摂っている朝食でも取り方次第で
体に良くも悪くも影響していきます。

 

2017年の最新研究結果だけに初めて知ることが
多かったのでまとめて紹介しますね。

 

まず 朝食の正しい摂り方について名医が
紹介する 項目では以下のようなものが
ありました。

~正し朝食の摂り方~

●朝食に摂ると栄養吸収が上がる食材

●朝食を抜くと冷え性を招く

●風邪の予防になる食材

●脳を活性化する食材

●ダイエットに効果的な食材

 

というものが紹介されていました。

 

まず 朝食は9時までに摂るのがベストです。

9時までに摂るとお昼には血糖値が適度に
下がってくるので 効果手にな朝食をとる
ために時間は守るのがおすすめです。

 

意外にも普段の食べ方が当てはまっていたり
するので しっかりと正しい食べ方を見て
みましょう!

 

朝食にいい食材は食べ方次第で効果も
倍増しますので…

 

トマトと魚を朝食に摂ると栄養吸収がUPする

朝食の摂るとよいとされる食材は 
トマトと魚

 

朝食にトマトと魚を上手に摂ると
栄養吸収が上がり 効果的な食べ方ができます。

 

~トマトのリコピンの効果的な摂り方~

♦朝一番にトマトを摂るとリコピンの吸収UP

♦トマトのリコピンの食べ方は加熱した
スープで 世襲し腸からの吸収がUPさせる

♦1日に摂るリコピンの量は……
(トマト3つ or トマトジュース1缶)

 

美容と健康に良いとされるトマトのリコピン。

朝一でお腹が空腹のときはとくにリコピンの
吸収率が よく腸の吸収率もUPします。

 

朝 忙しいときはトマトジュースを電子レンジで
チンして 加熱してとればokです。

 

免疫力をUPさせる効果があります。

 

そしてもう一つ朝食にいいとされる食材は魚…

朝食に魚を食べると影響吸収が高くなるということです。

 

~朝食で魚を効果的に摂る方法~

♦睡眠中に燃えてしまうEPA・DHAは
朝食で摂ると 体に蓄積される

♦魚の栄養素EPA・DHAをより摂取するには
刺身を摂る

♦刺身は養殖がよい

♦1日に必要なEPA・DHAは約1g
(赤身マグロ:養殖→4貫・天然→40貫)

♦週に1度の頻度で刺身を食べると効果的

 

朝食には魚を摂るといいということです。

魚の食べ方は焼き魚にするとEPA・DHAが
流れ落ちてしまい 20%も減ってしまうので
生で食べるのがベストです。

 

もし焼き魚にする場合はホイル焼きにして油を
落とさない ようにいただくといいですね。

また魚の刺身では天然より養殖のものを選ぶのが
おすすめです。

 

養殖は天然の魚に比べて安定的にエサを食べて
いるので栄養価も 違います。

赤身マグロのすしの数も天然と養殖とでは
ずいぶん違うので わかりますよね。

Sponsored Link

朝食を抜き続けると冷え性を招く

朝食を食べないということもあると思いますが
この習慣が続くとなんと冷え性になるという
恐ろしいリスクが高まるというのです。

 

日頃いろいろと冷え性対策していても
朝食を抜いていたらNGですよね。

 

そこで気を付ける点をまとめました。

 

~朝食抜きは病気を招く~

♦朝食抜きは冷え性のリスクが2倍

♦朝食抜きは脳出血のリスクを36%高める

 

と恐ろしい結果となりました。

ではなぜ朝食を抜き続けると冷え性に
なるのかというと 朝 体は臓器を動かす
ためにエネルギーを使うのですが 朝食を
食べると臓器が活発に動きエネルギーを
使います。

 

それがもし朝食を摂らなかったらどうなるかと
いうと もともと体に蓄えてあったエネルギーを
使うことになってしまい  その体にあった
エネルギーがどんどん減っていくと
いうことになります。

 

こうしてもともと体にあるエネルギーを使うことで
冷えを感じてしまうということになるんですね。

そこでおすすめなのは 朝食に具だくさんの温かい
スープを飲んで体温を上げること。

 

そしてしっかり噛んで回数を増やすことで口の
筋肉を使い 熱を発生させることが重要という
ことになります。

 

食べることでしっかり体にエネルギーを
生み出すんですね!

 

それから また朝食を抜き続けるとさらに
脳出血という 大きな病気のリスクを引き起こす
確率が36%も上がるので やっぱり朝食は
食べたほうがいいということになるんですね~

 

お茶の入れ方で風邪予防になる

なにげなしに飲んでいるお茶でも入れ方次第で
風邪の予防になるという研究結果がありました。

 

また 他に風邪の予防になる食材もあったので
まとめました。

 

~風邪予防になる食材~

♦カテキンを多く取れる緑茶を熱湯で入れる

♦大根おろしの根の部分

 

風邪の季節には摂りたい食材… ということで 
まずはお茶です。

 

お茶は沸騰するくらいのお湯で入れると
風邪の 予防になるので効果的です。

 

また ほかには大根の根っこの部分が
風邪予防になります。

 

大根の辛み成分のイソチオシアネートは
殺菌成分が 含まれていて大根の葉の部分に
比べると約10倍も 効果があります。

 

熱に弱い大根のイソチオシアネートは生の
大根おろしで いただくと効果的です。

 

脳を活性化する食材はパン

脳を活性化する食材があるのですが 

それが食物繊維の多い全粒粉のパンです。

 

パンにもいろいろ種類があるので脳を 活性化
させてくれるものを見てみましょう

 

~脳を活性化する食材~

♦食物繊維の多い全粒粉のパン

♦パンは焼いたものがよい

♦全粒粉を使ったパンは食物繊維が
11.2g含まれる

 

脳のエネルギーであるブドウ糖を朝食で摂って
ブドウ糖をゆっくり吸収することで長時間 
脳に ブドウ糖を送り続けることがポイントに
なってきます。

 

パンは焼くのがおすすめです。

パンは焼くとでんぷんが吸収しにくくなって
糖の吸収が ゆるやかになります。

 

 

そして最後に 朝食は食べたほうが太らないという
研究結果がありました。 朝食をぬくとつい
ダイエットになるかも…と思いますが 反対で
食べたほうが太らないんですね。

だから健康のためには朝食はしっかり噛んで
食べる習慣が大事ということがわかりましたね。

 

やっぱり冷えには気を付けたい…ということで

 

この正しい朝食の摂り方に気を付けて健康効果UP
していきたいですね~

Sponsored Link