アロエと言えば…傷口にはアロエを使うという
イメージですが アロエにはたくさんの
美肌効果が つまっているのを知っていますか?

 

アロエの美肌効果を高める方法は 化粧水にしたり
料理で食べたりして美容効果を促進できるんですね。

 

そんなアロエについて  2017年2月2日放送の
NHKあさイチでは アロエの持つすごい効能ということで
アロエ化粧水の作り方や美肌になるアロエの食べ方を
紹介していました。

 

美肌効果以外にもたくさん嬉しい効果のあるアロエを
くわしく紹介しますね!

Sponsored Link

アロエ化粧水の作り方

アロエで美肌作りするなら アロエ化粧水…

 

アロエの果肉のアロエステロール成分が美肌
効果を引き出してくれるんですよね。

 

ということでアロエ化粧水の作り方を
紹介しますね。

 

~アロエ化粧水の作り方~

<材料>(800ml分)

♦麦焼酎……720ml

♦キダチアロエ……(4~5本)約250g

♦グリセリン……100ml

♦レモンの皮……3個分(香りつけ)

(※ グリセリンはアロエの成分を
溶けやすくし 麦焼酎は殺菌効果があり)

(※麦焼酎は他のお酒でも代用可能)

(※香り付けでレモンは他の果実の皮でもOK)

 

<作り方>
① アロエのとげをピーラーなどで取る。

② 皮ごとアロエを幅5mmほどの短冊切りにする。

③ ビンに入れてレモンの皮なども加える。

④ グリセリンと麦焼酎を入れて混ぜる。

⑤ 3週間~1か月ほど置けば出来上がり。

(※週に1度はかき混ぜます)

 

レモンの香りが爽やかでとてもしっとりする
つけ心地ちの化粧水です。

 

アロエのすごい美容効果と効能

アロエは美肌にすごい効果がありますが
それ以外にもたくさんの健康にいい効果が
あるんですね。

 

まさに万能薬としても使えるアロエ…

 

そこでアロエをもっと活用できるように
効果・効能を紹介しますね!

 

~アロエの効果~

♦血行促進(血行を高めくすみを軽減)

♦代謝UP(しみ・そばかす予防)

♦消炎効果(熱・日焼けのほてり)

♦殺菌効果(ニキビ・吹き出物・切り傷)

♦保湿効果(美肌)

♦便秘解消効果

♦潰瘍

 

美肌効果がうれしいアロエですがその有効成分は
胃腸薬・便秘薬などにも活用され シミや
ソバカスなどを 予防する化粧品など様々な
分野で使われています。

 

そんなアロエの美肌成分は果肉に含まれる
アロエステロールに あります。

 

一番のおすすめは アロエを食べて美肌効果を
高めることです!

 

市販のアロエヨーグルトがあるように食べやすい
レシピもありますので食用でいただくと美肌効果が
さらにUPします。

 

注意事項として食用する場合 アロエには強い
下剤効果が あるので妊娠中の方など食用しない
ようにしてください。

また アロエの皮の部分は下剤効果があるので
食べないように しましう。

Sponsored Link

アロエすしのレシピ

美容効果のうれしいアロエは食べることで
デトックス効果をもたらしてくれます。

 

しかしアロエは苦い…というイメージが
あるので 食べづらい…

 

そんなときのために おいしく食べれるレシピを
あさイチで紹介していたのでお伝えしますね。

 

~アロエずしの作り方~

<材料>

♦キダチアロエ(皮付き)……400g

♦米………2号

♦お酢……70ml

♦砂糖……2本

♦塩………1本

♦梅(中)……2個分

♦カツオの削り節……2パック

 

<作り方>

① アロエのとげをピーラーで取る。

② アロエの両面の皮を切り中のゼリーの
部分だけにする。

③ ゼリーの部分を氷水でしめる。

④ ぜりーの部分を5cmほど切り分ける。

⑤ 酢目地の上に練り梅とアロエの切り身・
カツオ節を のせれば出来上がり。

(※お酢は米合に対し70mlが目安)

 

切ったアロエにひと手間加えることで 
苦味も消え食べやすくなります。

まとめ

●アロエの効果
♦血行促進 
♦代謝U
♦消炎効果 
♦殺菌効果
♦美肌・保湿効果
♦便秘解消効果 
♦潰瘍

 

アロエは 美肌効果だけでなく様々な健康効果が
つまっているのでまさに万能薬!!

 

こんなにもうれしい効果があるアロエ…

 

家庭に1つアロエを置いておいてもよさそうな感じですよ~

 

アロエで美肌効果を試すならアロエ化粧水と
アロエを 食べて美肌を作ることがおすすめですよ♪

Sponsored Link